葉酸サプリはいつまで飲めばいいの?が分かるサイトはコチラ!

葉酸サプリはいつまで飲めばいいの?が分かるサイトはコチラ!

  • トップページ

葉酸サプリはいつまで飲めばいいの?

悩む女性

妊娠初期の女性には必須だと言われている栄養素である葉酸は、赤ちゃんの成長のために必要であることは母子手帳にも記載してあります。

でも、飲み始めてからいつまで飲み続ければいいのかって、あんまり書いてないんですよね。


妊娠初期は赤ちゃんの細胞分裂のために多くの葉酸が必要とされます。

不足することで水頭症や脊椎二分症などの先天性の奇形や流産のリスクが高くなると言われています。

妊娠中期から後期に入ると、お母さんの貧血対策として葉酸は摂取した方が良い栄養素になります。

赤ちゃんはお母さんが食べたものから摂取した栄養のみで成長していくため、お母さんの貧血は赤ちゃんの成長にも関わってきます。

そして出産後も、赤ちゃんはお母さんの母乳で成長していきます。

お母さんの栄養状態が赤ちゃんの栄養状態にも反映されるため、妊娠中のみならず、授乳中も摂取した方が良い栄養素であることに間違いありません。


事実、厚生労働省のデータでは、妊娠前~妊娠中は1日400マイクログラム、中期~後期は1日240マイクログラム、授乳期は1日100マイクログラムを食事の摂取以外で増やすことを推奨しています。

1日の摂取量の目安が成人女性で240マイクログラムなことを考えると、赤ちゃんへ授乳が終わるまでは大量の葉酸を摂取する必要があるのです。

また、このデータでは食べ物からではなくサプリから摂取することを推奨しています。

食物の中に含まれているものは熱や水に弱く、必要量を摂取するために大量の食材を食べなければならないためです。

推奨している量を摂取するには、サプリを利用した方が効率が良いのです。


これらのことから、葉酸サプリは妊娠前から赤ちゃんが卒乳するまで、しっかりと飲み続けたいものなのです。

 

葉酸サプリの嬉しい効果とは


一般に、妊娠前や妊娠中の女性、または現在授乳中であるという女性にとって、是非とも適量に摂取したいのが葉酸サプリでしょう。

葉酸サプリの主要成分である葉酸とは、ビタミンB群の一種で、水溶性のビタミンということができます。

この葉酸という名前が示している通り、この栄養素はほうれん草やキャベツ、レタスなどの葉物野菜に多く含まれています。


葉酸から作られている葉酸サプリが、こうした多くの女性に勧められていることには十分の理由があります。

一言で言えば、葉酸サプリの持つ効果にあると言えるでしょう。

その効果の一つは、胎児の先天性奇形を予防する効果です。

特に、妊娠前の一ヶ月くらいから妊娠初期の間に多めに摂取することによって、胎児の神経管欠損症といった病気を予防することができると言われています。


葉酸を含む葉酸サプリが持つ別の効果は、心臓病を予防することができるという点です。

一般に、血中濃度が上昇すると心臓病を発症するリスクが高まります。

その点、葉酸には血中濃度を下げる働きがあると言われています。

また葉酸には、貧血を予防したり子宮頸がんを予防したりすることさえできると報告されています。


逆に、葉酸が欠乏してしまうと、大事な細胞分裂が正常に行なわれなくなったり、DNAの複製ができなくなったりしてしまうと言われています。

また疲れやすくなるというリスクもあります。

このように、葉酸サプリの主要な成分である葉酸にはたいへん嬉しい効果があるため、是非とも積極的に摂り入れるようにしたいものです。

普通の食事だけでは、なかなか目安量はおろか推奨量にも達することが難しいため、サプリメントを上手に活用することができるでしょう。